プロジェクトの戦略

第3次戦略スタート

幅広い分野の医療 健康産業の集積に取り組みます

 ファルマバレープロジェクトでは、始動期である最初の5年間(第1次戦略計画)に、基盤整備・体制づくりに力を入れ、成長期となる次の4年間(第2次戦略計画)では、こうした基盤の上に、地域企業が培ってきた優れたものづくり技術や農林水産物などの地域資源を活かし、地域企業が「医療健康産業」へと参入できるよう、支援を進めてきました。
 自律的発展期となる平成23年からの10年間(第3次戦略計画)では、今までの取組をさらに強化し、「ものづくり」「ひとづくり」「まちづくり」「世界展開」の4つの視点から、医療機関を中心とした産業クラスターの形成を進め、国内外に向け、地域企業発の「Made in Mt.Fuji」製品を販売することを目指します。

  • 戦略1 ベッドサイドのニーズに応えるものづくり
  • 戦略2 医療と産業を担うひとづくり
  • 戦略3 健康サービスが充実し高次都市機能が集積したまちづくり
  • 戦略4 世界展開の推進
  • 個人情報保護方針
  • お問い合せ
  • リンク集

ページの先頭へ戻る