プロジェクトの成果

医療からウエルネスまで世界レベルの研究開発を進め、県民の健康増進と健康関連産業の振興・集積を図り、特色ある地域の発展を目指す富士山麓ファルマバレープロジェクト。県立静岡がんセンターの開院を契機として本プロジェクトは始まりました。平成17年11月には、がんセンター研究所が開設、県内外の大学、医療機関、民間企業、研究所等による共同研究を推進しています。
産学官の連携と世界に開かれたネットワークから、県民、患者・家族の視点に立った多くの成果が生まれ、県内の医療の質の向上を中心に健康長寿社会の実現に向けて、着実に進んでいます。

ものづくり

実績

  • 共同研究数39機関52テーマ
    (株)サンスター:低刺激口腔ケア製品
  • 地域企業による事業化・製品化45件
    (株)ビーエル:インフルエンザ等診断キット

ひとづくり

実績

  • 全国初の病院が運営する認定看護師教育機関の設置
    H21〜H23 教育課程修了者数 計72人
  • MOT(技術経営)講座
    H17〜H23 修了者数 計119人
    講座を通じて医療健康分野の事業に取り組んだ企業数 計11社

まちづくり

実績

  • 企業立地
    ベックマン・コールター三島事業場
    オリンパステルモバイオマテリアル (株)

世界展開の推進

実績

  • 多言語の製品紹介ホームページ開設(日英中韓)
  • 海外販路アドバイザーによるコーディネートの実施
  • 個人情報保護方針
  • お問い合せ
  • リンク集

ページの先頭へ戻る