健康長寿・自立支援プロジェクトにおける
「人生100年時代の住宅整備」の施策として
「ファルマモデルルーム」を開設しました。

このモデルルームは、
20年後への共同研究室です。

多くの方々に見ていただき、共に活発な議論を興し、協力して新たな機能・製品・サービスのアイデアを生み出す場としたいと考えています。

健康寿命の尽きた高齢者の居室はどうあるべきか。
20年にわたる静岡がんセンターの経験から、病室とホテルの部屋をモデルにして住まいのありかたを求めました
3歩から部屋と住まいの機能を考えるコンセプトモデルルーム

高機能アームとノズルで、シャワーならではの快適感があり、温浴効果も十分な新体験。浴室での事故回避に有効

排泄やお掃除などの負担を極力減らし、トイレの使用状況を家族がアプリで見守ることができる安心設計。

水と明かりを触れずに操作できるタッチレス機能を装備。カウンター素材は薬剤などがこぼれても簡単に拭き取ることができる。

テレビは放送映像の受像装置からコミュニケーションの窓となる。家族との対話、遠隔医療、さらには初詣といった外の世界との交流も。

ベッドは寝る場、休む場から、暮らしの場となる。立ち上がりの負担を減らす可動機能のついた最新ベッドを設置。

気になる臭いをさりげなく消臭できるナノイー発生機と光触媒脱臭除菌システム。

天井走行レールを使って医療介護に必要な道具箱を運び、移動リフトを装備することもできる。

感染症対策を施した抗ウイルス・抗菌・消臭・抗アレルギー機能を備えた床・壁素材は、新しい時代のスタンダード。

お気軽においでください
見学をご希望の方は、以下の資料をご覧ください。
モデルルーム見学案内
モデルルーム展示製品一覧
モデルルーム見学確認票
TOP