ファルマバレープロジェクト推進支援機関 ファルマバレーセンター

本文へジャンプ

文字サイズ変更大中小

ここから本文です。

TOPファルマバレーセンター> 理事長あいさつ

理事長あいさつ

「ファルマバレープロジェクト」は、平成14年の静岡がんセンターの開院とともに開始され、これまでの間、様々な事業に取り組んでまいりました。

 これまでの間、公益財団法人静岡県産業振興財団(以下、「産業振興財団」)の一部門として平成15年にファルマバレーセンターを設置し、中核支援機関としてプロジェクトの推進を図ってまいりましたが、平成28年9月、プロジェクトの新たな拠点である「静岡県医療健康産業研究開発センター」が開所したことを契機に、ファルマバレープロジェクトを一層推進するため、専門性の高い事業を機動的に実施する新法人として平成29年8月1日、一般財団法人ふじのくに医療城下町推進機構が設立されました。

「ふじのくに医療城下町推進機構」の名称は、ファルマバレープロジェクトの目指す姿が、医療機関を中心として医療健康産業のクラスター化を図ること、いわば医療城下町の形成を図ることであるため、これを実現する法人として命名されました。

 平成30年4月から、産業振興財団よりファルマバレーセンター事業に関する業務と組織を引き継ぎ、新たな中核支援機関として活動を開始いたしました。

 これまで培ってまいりましたノウハウや、蓄積された医療現場のニーズ・企業の技術シーズを活かし、また静岡がんセンター等の医療機関と拠点施設である静岡県医療健康産業研究開発センターとを結びつけた効果的な事業展開、さらには新たな役員の知のネットワークの活用などにより、アメリカのシリコンバレーに対抗できる日本の一大プロジェクトを目指してまいります。

 皆様方には、今後もファルマバレーセンターへのご支援とご協力をお願い申し上げます。

一般財団法人ふじのくに医療城下町推進機構
理事長 大坪 檀

ページの先頭へ戻る

〒411-0934 静岡県駿東郡長泉町下長窪1002-1
静岡県医療健康産業研究開発センター1階
TEL 055-980-6333 FAX 055-980-6320 E-Mail 

Fuji Pharma Valley